天使と暮らすおうち
3人の天使たちと快適に暮らす おうち作り日記♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチリフォーム
気が付けば、新居に引越して一ヶ月が経っていました。
お正月の来客ラッシュがあったせいか、あっという間に時間が過ぎてしまったように感じます。
それとも、私の時間の感覚が鈍いだけなのかしら?

一ヶ月経ってのお片付け状況ですが・・・
はっきり言って、ほとんど進展はありません(笑)
特に、開いていない段ボールに関しては、しばらく「開かずの箱」になる予感。
もともと、処分するか?新居に持って行くか?とても悩んだ物たちが入ってるので、その処遇を決めることから始めなきゃいけない。
その他のモノたちは、とりあえず収納予定の場所に収まってる感じなので、次は整理整頓の段階に入っています。
仮置き状態のモノが多く、毎日のように微妙に片付け場所が更新されているので、家族たちはとても戸惑っているみたい(苦笑)
「早く整理しなくちゃ!」気持ちは焦るのですが、急いてはコトを仕損じるとも言いますし、自分たちの使いやすい収納をマイペースに試行錯誤していきたいと思います(^-^*)
   *********************************************

階段の壁の件に、たくさんのコメントをありがとうございました
どのコメントも「うんうん、そうだよねぇ」と思い、本当なら一つずつお返事をしたいところなのですが・・・
なんだか体が冬眠したがってるのか、寝ても寝ても眠たい感じで、毎晩子供たちとノックアウトされちゃいます(^_^;;
引越し直後は、新居に興奮してたのかちょぴり不眠気味だったので、その反動が今なのかもしれません(笑)
ということで、とりあえず続編アップをしたいと思います。


階段壁の段差を見てショックだったことを営業さんに伝えたところ、すぐに工事課の担当さんと現場監督さんが見に来てくださいました。
同時に、IAさんにも電話で相談したのですが、現場に来るのは難しそうだったので写真をメールで送り見ていただきました。

その結果、ヘーベルの皆さんの反応は。

「あぁ~、そうですね。でも、おかしくはないと思うのですが・・・」
「どうしてもココはこうなっちゃうんですよね・・・」

あまり気にならない風なお返事
どうしてこの段差がダメなのか、私の想いを説明してもイマイチな反応で。
なんとも残念でした


いろいろとやり取りをしたのですが、要するに、気にする人は気にするけど、この状態のお宅も多いのだとか。
確かに、現場で発見したときに大工さんに尋ねたのですが、このような段差ができる場合がたくさんあるのだそうです。
そっか、わが家だけじゃないのね。
・・・ってことは、私たちが図面でチェックしなきゃいけないポイントだったんだ。
なんだか、ちょっと納得できない気もするけど
この辺の対応は、経験やセンスなのかな~なんて思いました。


でも、この壁の状態はどうしても嫌・・・
なので、思い切って直すことにしました~v(^-^*)

リフォーム前
080122kaidankabe-koujityu.jpg

リフォーム後
080122kaidankabe-hosyugo.jpg


う~ん、スッキリ♪
絶対にこの方がいいです


えっと、この工事は補修工事ではありません。
リフォーム工事です。
つまり、無償ではありません。
10万円近く費用がかかりましたが、それでも直してよかったと思っています

  **********************************************

ここからはちょっと愚痴ですが。
なんと言いますか、この5cmほどの段差は、生活するには支障がないかもしれませんが、この段差があることで何のメリットもないような気がするのです。
ならば、出来る限り段差ができないように設計して欲しかったなぁ。
薄い方の壁を厚くすることで段差が解消するわけですが、そうするために幾らの差額がでるのかわかりませんが、そんなに大きな金額ではないのでは?
わが家の一階の場合、階段の腰壁にボードを張って厚くして、階段の笠木を太い物に変更するだけです。
今回のように、完成してから直すと大きな費用がかかりますが、最初から段差がないように設計してくれていれば小さな費用で済んだ気がします。

どうしても段差が嫌な私たちですが、実は二階の方の段差は予算の都合上直せずにいます。
段のある壁を見るたびに、ココがわが家の最大の後悔ポイントだなぁ・・・と思ってしまうrazuでした
長くなってしまったので、二階の壁については回を改めて。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
前の記事も読んでいたんですが、コメント忘れていました。
ウチにも実は同じような場所がありましたよ。
できてみて「あぁ~ここって段差できちゃうんだ~」って。でもそれはLハットの3畳ほどの狭いスペースで吹き抜けの小さな腰壁部分だったので、気にならない場所だったんですよね。
razuさんとこのような場所だったら気になりだしたらずーっとスッキリしないでしょうね。余計に出費が出てしまいましたが、スッキリになって満足できたなら良かったですね。
すごくキレイになりましたね。
2008/01/30(水) 13:43:47 | URL | 坂PON [ 編集]
そうですか、補修にはなりませんでしたか。
でも、リフォームしてすっきりしましたね。
段差なんか無い方が良いに決まっているのに、どうして段差付けちゃうんでしょうかね?
どうしても出来ちゃうなら、打ち合わせ中に、ここに小さな段差が出来ますけど、どうしますかぐらいの確認は欲しかったですよね。
2008/01/30(水) 14:40:58 | URL | kid [ 編集]
リフォームされてすっきりしましたね。
私も断然このほうがいいと思います。
ウチの食器棚がグレーなのもそうですが、
やっぱり聞いて欲しかったですよね。
ただこういうのって営業さんの今までの経験なんだろうなあって思います。
2008/01/30(水) 21:12:24 | URL | takatyu [ 編集]
直したほうが断然すっきりしていいですね!
こういうのって、勢いで思い切らないと、後日では絶対やらないですよね^^;
10万円は大きいですが、リフォームしたかいがありましたね♪
2008/01/30(水) 21:43:51 | URL | にゃこ [ 編集]
スッキリしましたね~!やっぱりこうなってる
方が落ち着きますよね。なんであの段差、
「おかしいですよね!」ってなって改善されない
んでしょうね・・謎です・・・・。
10万円かぁ・・でもこれでソファ置いても
スッキリ絵になって気持ちよく過ごせるかな?
きっと、今やらないとタイミングを逃してずっと
できなそうですもんね。いやぁ・・それにしても5cmの
段差があるかないかで全然違いますね♪
2008/01/30(水) 23:59:27 | URL | saji [ 編集]
直ってよかったですね。
でも10万は痛いかも(泣)
する前に言って欲しかった気持ちよく分かります。
私もそう思ってしまいます。
その辺りうちの設計さんは細かいところはこうなりますよとか言っていたような(←あいまい)
なにはともあれ、よかったですね♪
2008/01/31(木) 11:01:02 | URL | aki [ 編集]
写真で比べるとよーくわかりますね。
絶対段差無しの方がキレイでスッキリしてますよね!
我が家には段差は無いですが、もともと無いのか設計さんの配慮なのか。。。
razuさんが図面の時に気付くのは難しい部分かと思います。
どーして確認してくれなかったの?って気持ちです(涙)
2008/01/31(木) 12:09:59 | URL | 静 [ 編集]
段差
こんばんは!
先日はコメントありがとうございました!

完成から日が浅い時に思い切って段差をなくして良かったですね。
無いほうが、スッキリ良いと思います。
私たち素人では見つけられない、判断できない場所を、営業・設計さんたちが細かく説明すべきだと思います。
ただ毎度のことで、慣れてしまって、説明がおろそかになっている気がします。
我が家もトップハットのドアがそうでした。
今は10万円が痛い出費ですが、ずーっと気にして過ごすより、精神的に絶対良いですよね~!
2008/01/31(木) 22:21:43 | URL | komoto [ 編集]
10万は大きい金額ですね・・・

段差ができることは設計者はわかっているのに、
全く指摘はなかったのですよね。なんだか
ちょっと腹立たしい気がします。

でも、段差がなくなって、本当にすっきり
したように感じます。リフォーム、大正解でしたね♪

2008/02/02(土) 22:19:10 | URL | martha [ 編集]
これは10万円出す価値のあるリフォームですよ!!

ビフォア・アフターで劇的に気持ち良くなってますもん♪

旭化成ホームズって真面目で良い会社なんですけど、
家の仕様にも真面目すぎて融通が聞き難いのが
たまにキズですよね~

2008/02/04(月) 01:50:23 | URL | まめぞう [ 編集]
直してよかったですね!
その段差を見るたび、「あ~ぁ…」って思うのは精神衛生上よくない気がします。
2階は…お客様にはあまり見えないところですし、いつかリフォームしましょう!

でも…
ヘーベル側の、「これでも変じゃない」っていう感覚がよくわかりません。
前の記事でもコメントしましたが、うちにも同じような箇所があり、指摘が入りました。
ただそれは、営業さんに(設計さん?)「段差があるのは変だ」という認識があるからですし。
ヘーベルの担当者の、主観とか感覚の個人差の問題になってしまうのでしょうか。
それにしても、こういうおウチが結構あるだなんて…。
今までの施主さんは、段差が気にならなかったのかしら…?
ナゾです。
私なら、「これから建築される方には、『段差ができますが、よろしいですか?』って聞いた方がいいと思いますよっ!」
くらい言っちゃいそう…
2008/02/04(月) 23:11:15 | URL | うえこ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://razuhouse.blog103.fc2.com/tb.php/105-6d0a39b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。