天使と暮らすおうち
3人の天使たちと快適に暮らす おうち作り日記♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌われモノ
20090219073804.jpg

週末に家族で餃子を作りました
先日ブレンダーを買ったので、野菜のみじん切りはクイジナートにお任せ。
・・・のつもりでしたが、ニラや青ネギは無理なのでキャベツのみ。
それだけでも随分ラクに感じました

ウチには餃子の日のルールがあります。

「食べたい人は包む」ってだけですけど。

包まぬ者食うべからず、です(笑)
家族全員で120個の餃子を包みました。


この日のメニューは水餃子。
お腹いっぱい食べて20個ほどの餃子が残りました。
daddyが、晩酌のつまみに焼き餃子が食べたいと言ったので、残りを焼くことにしたのですが・・・

焼きに失敗しました

フライパンに焦げ付き、底が抜けた餃子を見たdaddyはかなり不機嫌になり
「だからそのフライパンは嫌いなんだ」と。
どうやら、razuが留守のときに使って、何かを焦げ付かせた経験があるみたいです



ビタクラフト ダラス フライパン

↑嫌われ者のフライパン・・・
ダラスは廃盤商品なのかな?在庫限りの販売でsale価格です♪
新居がIHになったことをきっかけに、底が歪みにくいフライパンを、と購入。
憧れのビタクラフトですが、まだまだ修業が足りず使いこなせてません(笑)


このフライパンはステンレス多層鍋、フッ素樹脂などの加工はされていません。
ビタクラフトのお鍋は無水調理ができたりして、普通の鍋とはちょっと違い特殊な感じです。
その分、使い方もちょっとしたコツがあります。
特に焼き物をするときは、フッ素樹脂加工と同じ手順ですると焦げ付いてしまいます。
基本的には、ちゃんと温めてから薄く油を敷いて焼くと焦げ付かないのですが。
餃子や炒飯、卵焼きのような、食材自体に油分の少ない食材の調理は焦げ付きやすい。
私も何度も焦がしています

それでもステンレスのフライパンを使い続ける理由は・・・
フッ素樹脂加工のフライパンより、お手入れや扱い方が簡単で、鍋自体が長持ちするから。

フッ素樹脂加工のフライパンは、どんなにいいお鍋でも加工の寿命があります。
加工が剥がれてきてしまったら、だんだん焦げ付くようになりとっても使いにくくなってしまう。
新居に引っ越すまでの9年間で、大小あわせてフライパンを8個使い潰しました。
私が使っていたのは1個500円~5000円くらいのお手頃フライパンですが、1年に1個使い捨て買い替えるのは、なんだかとても切なかった

フッ素樹脂加工を長持ちさせるために、空焚きしない、使ったあと熱いまま水につけない、残った料理を入れっぱなしにしない。
洗うときは、スチールたわしやナイロンたわしでこするのはNG・・・いろいろと注意することがあります。
ステンレスのフライパンは、あまり長い空焚きはよくありませんが、使ったあとは水をかけてたわしでゴシゴシこすってOK!
鍋が熱いうちに洗ってしまえるので、汚れやちょっとした焦げ付きは簡単に落とせちゃいます

ビタクラフトのフライパンを使い始めて1年、いろんなモノを焦げ付かせてきました(笑)
それでもビタクラフトを使い続けようと思っています。
一番大きいのは、鍋の買い替えが劇的に減るということ。
買いに行く手間も、捨てる手間もいらない

もちろん、フッ素樹脂加工のフライパンも手放すことはできません。
ビタクラフトが苦手な炒飯なんかは、フッ素樹脂加工が便利ですから。
今はどちらか一つにはできないけど、このまま使っていって・・・いつかフライパンを一つにできる日が来るといいな

※ビタクラフトの魅力はまだまだありますが、長くなったのでまたいつの日か^^
スポンサーサイト

テーマ:キッチン雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
家族で餃子作り、いいですね。
ウチは子供2人と一緒に包みます。
オットはどれだけ誘っても絶対やりません。
まあ料理自体まったくしないんですけど。
ビタクラフト、実家で使っていたものを母がいいものだからと
結婚するときに持たせてくれたのですが、
私には強火は駄目とかいろいろ面倒で母に返してしまったんです。
いいのはわかってるんですけどねえ。
2009/02/20(金) 15:08:53 | URL | takatyu [ 編集]
家族で餃子を作る作業だなんて
とっても楽しそうですね♪
私も餃子大好きです(^▽^)
大好きなんですが精神的修行が足りないので
子供と一緒に作るのが。。。
我が家は親子クッキングは
パパさんの役目が多いです(笑)
ビタクラフトすごく気になってます。。。
コストコでセットで定価より安く売ってるので
余計気になって。。。
でも気を付けないと焦げやすいんですね(汗)
ムム~コツをつかめるか。。。(´Д`)
2009/02/21(土) 20:31:31 | URL | ほまれ [ 編集]
☆お返事☆
☆takatyuさま☆

以前、お子さんと餃子を作られたときの記事を書かれてましたよね♪
ご主人は包まないのですか?
ウチだったら食べられないなぁ~(笑)

そうですね、ビタクラフトは強火がダメですね。
最初に説明書を読んだときは面倒かな、という印象でした。
IHの場合はあまり強火を使うことはなくないですか?
なんだか鍋の底が変形しそうで、強火を使うのが怖いんですよ~(^ ^;;
だから実際は強火がダメでもあまり気になってないかもです。
少ないお水で茹で物ができたり、火を止めた状態でパスタが茹でられたり、重宝してますよ♪
機会があったら、再チャレンジなんてどうですか!?

☆ほまれさま☆

精神的修業・・・笑わせていただきました(爆)
確かに、子供と料理をするには忍耐力が必要で、精神的な鍛練になりますね~。
私も親子クッキングが苦手な方なんです、自分でやった方が早いし(^ ^;;
最近それではダメだなぁと思い、一緒に楽しむ努力を始めたところです♪
夢は、仕事から帰ったら娘が夕飯の支度をしてくれてること~。
多分叶いませんね・・・

ビタクラフトは調理に慣れると使いやすいお鍋ですよ。
ただ、こちらも一度や二度の失敗に挫けない精神力が必要・・・かもしれませんね(笑)
2009/02/22(日) 17:23:37 | URL | razu [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://razuhouse.blog103.fc2.com/tb.php/200-d7aff654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。