天使と暮らすおうち
3人の天使たちと快適に暮らす おうち作り日記♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テラスの段差
おウチの工事がどんどん進んでいますが、ちょっと現場報告以外の話題を一つ。
わが家では工事関係者の方が休憩されるとき、皆さんがいつも集まられる場所が決まっています。
そこはテラス。
まだ土間コンの状態ですが、丁度よい憩いの場になっているようです。
3~5人の方が輪になって話してる光景を家の中から見ると、とっても雰囲気がよくて「テラス作ってよかったな~」と思えるのです(^-^*)
11.29テラスの段差

打合せ中、ずっとテラスと室内の段差について悩んでいました。
天使たちの出入りのことを考えると、なるべく段差が少ない方が安全じゃないかなぁと。
以前ブログに「テラス」という記事を書いて、たくさんの方にアドバイスを頂きました。
どなたのご意見も「なるほど~!」と関心させられて、その後の打合せでとても参考になりました。

最終的にわが家のテラスは・・・段差ありになりました
納得しての段差採用です。


テラスと室内の段差をなくすためには、いくつかの方法があるようです。

まず一つは、床下通気口の位置をテラス部分以外に移動させ、段差を解消する方法。
この場合、建物の本体工事の一部としてテラスを造ります。

もう一つの方法は、テラスを建物本体から10c離し隙間を開けて造る方法です。
隙間には玉砂利などを入れて空気が通るようにすれば、床下の通気もある程度確保されるのだそうです。
この場合はテラスの工事は外構工事になります。


段差をなくすための方法がわかったので、次はコスト面の検討をしました
わが家のテラスはかなり広いので、設計の段階からコスト面に配慮して設計してくださいました。
テラスのお値段というのは、外構工事として作るか、本体工事として作るかで、コストが違ってくるとか。
設計士さんたちで両方を検討して出た結果は、外構工事の方がコストが高く、本体工事として作る方がお得ということでした。
(↑あくまでもわが家の場合。家の基礎などとの兼ね合いがあるため、一概には言えないそうです。)
わが家のテラスは、コスト面から本体工事で造ることにしました。

本体工事で造るということは、テラス部分から床下通気口を移動させなくてはなりません。
しかし、わが家のテラスはおウチの南面いっぱいの広さ。
建物の南面に通気口を作らないわけにはいかないので、通気口の問題をクリア出来ませんでした。
その上、室内と段差をなくすためにはテラスの高さを上げなくてはならず、使用するコンクリートの量が大幅に増えてしまう
本体工事として作る場合は、使用するコンクリートの量がある一定量を超えると、急にお値段が上がるのだそうです。(ヘーベルの価格設定がそうなってるらしい)
ウチの場合、お値打ち価格で使えるコンクリートの最大量からテラスの大きさが計算されていて、テラス面を上げるためにコンクリートの追加をするとドーンと価格が跳ね上がることになります。
設計さんは、そんなところまで考えて設計してくださってるんですね~d(^-^)!

コストアップは無理だったので、テラスを狭くして段差なしにするか?段差ありで広さを死守するか?の二択でしたが・・・
通気口の問題がクリアできないわが家の選択は、「段差あり」しかありませんでした。
テラスと室内の段差は15cmくらいかな?


納得して決めたはずのテラスですが、打合せ後もずーっと気になっていました。
それが、躯体工事が終わり、初めておウチの中から見たとき「あ、テラスの段差、いい感じかも♪」と思えるようになったのです

なぜそう思うのか?いくつか理由があります。
わが家はキュービック。
テラスに面した窓はフォールディングウインドウなのですが、採光のために庇をつけていません。
庇がないと、急な雨のとき窓を開けてると、テラスから雨水が跳ね返り室内が濡れてしまうことがあるのだそうです。
やっぱり雨で窓際が濡れるのは嫌です

室内から見たときテラスの高さが揃ってると広がりがあっていいのですが、庭へ降りるためのステップが一段増えてしまいます。
その結果、テラス面が狭くなってしまう・・・

あと、ヘーベリアンの先輩さんからのコメントに、「段差があると腰掛けられて便利ですよー」というのがありました。
確かにそうなんです。
例えば、テラスでバーベキューをしたりプールをしたりしたとき、人数分のイスがなくても縁側感覚で腰掛けられる!
これは結構大きなポイントでした

工事中のテラスを見ながら、段差がないテラスと、段差があるテラスを想像して、わが家の場合は段差ありで正解だったな~という思いがだんだん強くなっています。
現場を訪れたとき、テラスの段差部分に天使たち3人が並んでちょこんと腰掛けてる姿を見て、ココがわが家の縁側になるのかなぁって。
新生活への期待が大きく膨らんだrazuでしたo(^-^*)o
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
ん~広そうなテラスで良いですねぇi-233
うちも狭いですがテラス付けました。
まだ一度も利用してませんが、満足ですi-229
っで、razuさんの様に段差について悩みましたが、うちも段差ありです。
通気口の下ギリギリにテラスのレベルを設定しました。
うちの場合は通気口を重要視しての選択でした。
razuさんとこタイル張られたら凄く素敵になるでしょうねー
楽しみですi-189
2007/11/30(金) 14:12:33 | URL | 静 [ 編集]
我が家もテラスに面した窓はフォールディングウィンドウで、razuさん宅と似ています。
そしてやはり部屋との一体感を持たせるということで、段差無しを考えているところでした。
今回razuさんのこの記事、そして過去記事の「テラス」を読ませていただき、非常に勉強になりました。テラス一つ造るのにも色々あるんですね。
我が家はこれからその辺の打ち合わせに入っていくと思うので、コスト面・使い勝手をよく考えながら決めたいと思います。
2007/11/30(金) 15:17:02 | URL | komachi [ 編集]
うちも段差ありです~♪
とはいえrazuさん邸よりも更に後を追いかけてる
施工状況なのでアドバイスになりませんけど(^^;)
そしてうちはコスト面を最重要視した結果ですけど。
そうですね、段差に腰掛けてゆっくり過ごすのも
良さそうですね♪いいこと聞いちゃいました♪
2007/12/01(土) 00:58:16 | URL | saji [ 編集]
ごめんなさいっ!
リンク先を間違えました・・・。
2007/12/01(土) 00:59:14 | URL | saji [ 編集]
すごくすっきりしました。
というのも我が家も打ち合わせ当初は段差の無いテラスで話が進んでいたのですが、着工後しばらくして、段差有でいきますと言われて、もちろん雨の跳ね返りの説明もあったのですが、その変わった理由と差がはっきりとわからないままで今にいたっていたのです。あ、でもそれに不満があるわけではなく、設計士さんがこの方がベストと考えた決定的な理由があるからと信じていたのですが、ふと、フラットだったらどうなっていたのかなーと外を眺めつつ考える事もあったので、これを読んで我が家にも当てはまることだったので、そういうことだったんだと思いました。確かに縁側のようになって座りやすいのでよかったと私も思っています^^
2007/12/01(土) 16:57:37 | URL | しあ [ 編集]
ひろそうなテラスですね。
我が家ではフラットにしましたが、縁側感覚で使えるのは、なかなかよさそうですね。
2007/12/05(水) 13:10:48 | URL | kid [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://razuhouse.blog103.fc2.com/tb.php/83-551c9298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。